コメント返信(65)スレ(?)ルーク(14)マルクトルーク(59)他TOASS(8)よろず感想(32)ネイル(10)未分類(22)top
※TOASSについて※
・連作の場合まずブログに仮UPし、ある程度話数が溜まってから1ページに纏め、Novelに本UPします。
(♪) が付いているSSは、まだNovelからリンクが繋がっていない (=本UPされていない) 作品です。
・単品はブログを経由せず、そのままNovelに掲載致しますのでご注意下さい。

スポンサーサイト ...------ * スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キットカット+α の感想 ...20080512 * よろず感想

080512.jpg←クリックで拡大表示
新潟のお土産らしいです。
友人からこれを貰った時、正直「チョコにブドウとリンゴの風味ってどうやって組み込むんだろ…」とか「チョコの色が紫とか黄色っぽい白になってんのかな…」 とか思いましたが、違いました。見た目は茶色いチョコレート。極普通のキットカット (でかいけど)。

でも匂いはまんまブドウとリンゴ。封を開けた途端匂いがふわっと鼻腔をくすぐりました。でもこれってぶっちゃけチューインガムの匂い。食うの勇気居るぞ、と色々な意味で生唾を飲みつつ、まずはリンゴをパクリ。おおっ、確かにリンゴ! なかなかうまっ!

この時点ではまだ今一チョコに仕掛けがあるのかウェハースに仕掛けがあるのか分かりませんでしたが、ブドウの方を食ってみて判明しました。ウェハースに紫色のクリームが挟まってる。なるほど…!

てかブドウすげぇブドウ! 最早チョコの味が一切しない! 口の中ブドウでいっぱい! 段々何食ってるのか分からなくなって来るくらい、ものっそい濃厚なブドウの味!
……すまん友よ、濃厚すぎて薄味派の私にはちょっと合わんかった…|||orz
しかし本当にあのブドウの濃厚さは凄かった。深みがあると言うか何と言うか。思わず衝動のままブログに感想なんか書いちゃいましたよ。
キットカットのチョコは安い味がするよなぁ、と前々から思っていたので余計、あの濃厚な味には吃驚しました。一瞬動きも止まったし。これもしかしたら、キットカットの癖にお高かったのかも知れません。ありがとう友よ! イイ経験した…!(*ノ∀`*)+゜笑


全然話は変わりますが、英国妖異譚の17巻と18巻がいつの間にやら出てたんですね。
題名 「君がための探求」 と 「首狩りの庭」。
シモンどうしたシモン!
今回何かユウリにキツイ貴公子も、ついにぶっ壊れましたね。てか作者さんはアレをぶっ壊れたと称していらっしゃいましたが、私からすると 「漸くかよ!」 て感じでした。18巻目にして漸く第一歩…。アシュレイは大きくリードし、オスカーは追い上げ中。隆聖も結構良いポジションにいるし、マリエンヌ&シャルロット、女の戦いを遺憾なく繰り広げたユマとリズ、地味に存在感のあるアンリも! 気になる! でもとりあえずシモン頑張れ! 私はアシュレイ派だけど!
英国は良いキャラが沢山出てるのに、逆に良いキャラばかり過ぎてあんま一人の人に焦点を当てられないのが残念ですね。ユウリとシモンとアシュレイとその他大勢って感じ。最近はオスカーも主要登場人物になりつつありますが。
それに主要人物が3人しかいないのだから、もうちょっとユウリを持ち上げてやって欲しい。ただの愛され少年 (あれもう青年?) ってだけでなく、頼れるお兄さん的存在に…! いや今も十分男前だけど、頼れるお兄さんには今ひとつ及ばない。もっと知識付けて格闘技とか、あと術のレパートリーも増やしてユウリ!

最後にギアスの感想。
ナナリーのあほーーーーー!+。・(o・´口`・o)・。+
誰かカレンとルルーシュとC.C.だけに優しい小説書いて! スザクをけちょんけちょんのギッタギタに貶し、ナナリーと小夜子さんにも厳しい小説かもん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。